ニュース

ニュース内を

2017年07月06日
No.10000214

ダイコク電機
DK-SIS白書2016を発刊
業界総粗利規模は3兆1100億円

今年4月に社長に就任した根本弘氏(右)と、白書の概要を説明したDK-SIS室・片瀬宏之室長

ダイコク電機は7月6日、昨年のDK-SISデータを総括する「DK-SIS白書2016」を発刊、都内ホテルで記者発表会を開催した。

DK-SIS会員のデータを基に推測した2016年の市場粗利額は3兆1100億円、遊技機購入費用は8900億円。総粗利額は減少したものの、遊技機購入費も減少したため、利益規模は微減にとどまった。

この白書は「DK-SIS」に集積された1年間のデータを分析、総括したもの。DK-SISの有効データ総台数は約146万台でカバー率は約32%。なお、今回の白書から有料販売となる。価格は一般が4万5000円、会員が1万2000円。