ニュース

ニュース内を

2017年09月14日
No.10000297

プローバホールディングス
無農薬野菜の生産・販売開始
新たな事業展開を見据えて

広島県阿戸地区の農地をベースに事業を展開していく予定だという

広島県を中心にホールを展開するプローバホールディングスは9月1日、無農薬野菜の生産、販売を行う「ベジモ事業」を開始した。

「ベジモ事業」は同社の新たな事業で、昨年から安佐南区戸山の阿戸地区の農地をベースに無農薬野菜の生産研究を開始。1年をかけて準備した。

同事業は無農薬野菜の生産販売と飲食店の経営を検討しているが、当面は、同社が経営するパチンコ店に併設された飲食店に出荷、来店客に提供される予定。