ニュース

ニュース内を

2018年05月21日
No.10000633

日遊協 ニコ超&上野イベント
来年も出展・開催の予定

日本遊技関連事業協会は17日、理事会後の記者会見を開催。同協会の呼びかけで発足した「超パチフェス2018製作委員会」による、ニコニコ超会議へのブース出展(4月28日、29日)および同日に上野で開催したファン向け体験会を振り返り、庄司孝輝会長は「日遊協としての総括はこれからだが」と前置きしたうえで、「非常によかった。来年も実施するつもり」と感想を述べた。

「ニコ超へのブース出展はノンユーザーに知ってもらうためのイベント、上野のショールームを使った体験会は既存ファン向け。同時開催は非常に面白い試みだった」(庄司会長)

上野でのイベントは初回ということもあり人数を100人に制限していたが、来年は300人ほどに参加者を拡大したい意向を示した。

日遊協が8日に発表した速報値によると、2日間を合計した超パチフェスのブース来場者は6600人、ステージ観覧者数は4570人、ジャンボパチンコ遊技者数は660人、取材媒体社数はのべ64媒体。超パチフェスWEB視聴者は約1万8428人。


関連記事