ニュース

ニュース内を

2018年11月28日
No.10000920

サミー
1万人が古都・川越を疾走
小江戸川越ハーフマラソンに特別協賛

セガサミールーターズが蔵造りの町中を駆けるランナーに声援を送った

サミーが第1回目から特別協賛を続ける「小江戸川越ハーフマラソン2018」が11月25日、埼玉県川越市で開催された。

今年で9回目を迎える同マラソン。全国各地から約1万人のランナーが集まり、蔵造りの街並みや晩秋の田園風景が楽しめるコースを駆け抜けた。

マラソン種目は全部で三つ。日本陸連公認コースであるハーフ以外に、10キロと約4キロのFun Runがある。コースの道中では応援団のセガサミールーターズのエールに加えて、最後尾からスタートを切ったゲストのエリック・ワイナイナさんがランナーを鼓舞。シドニー五輪で銀メダルを獲得したワイナイナさんは、沿道で応援する一般市民とも気さくにハイタッチを交わしながら1時間36分52秒でハーフコースを走破した。

ハーフコースは総勢5500人以上が走破した

沿道の応援者とタッチを交わすワイナイナ選手