ニュース

ニュース内を

2019年04月24日
No.10001152

回胴式遊技機商業協同組合
養子縁組支援団体に100万円を寄付

目録を手渡す大饗裕記理事長(左)とアクロスジャパン小川多鶴代表

回胴式遊技機商業協同組合は4月16日、社会貢献の一環として一般社団法人アクロスジャパン(小川多鶴代表)に100万円の寄付金を贈呈した。アクロスジャパンは、養子縁組による新しい家族づくりの推進と子育て研修の実施、予期しない妊娠などの相談に取り組む団体。

都内の組合本部で行われた贈呈式には回胴遊商から大饗裕記理事長、安藤政晴副理事長、徳山健一広報委員長が出席。大饗理事長からアクロスジャパンの小川多鶴代表に寄付金の目録が手渡たされた。

大饗理事長は「アクロスジャパン様が取り組んでいる妊娠相談、養子縁組の啓蒙活動、養親育成事業等の活動が、わが国では遅れている取り組みであるとお聞きして以来、その趣旨に賛同して支援させていただいている。毎年お聞きする活動報告でも同団体の活動がすばらしいものであることを感じている。今後も支援を続けさせていただきたい」と挨拶した。

小川代表は「回胴遊商様には、養子縁組という制度自体が国からも周知されず、自分たちのポケットマネーでやらざるを得なかった活動を『この取り組みは、弱者にとって最も必要な支援である』と心温かいご支援を頂いています。このご支援のおかげで今日のアクロスジャパンがあると言っても過言ではありません」と謝辞を述べ、大饗理事長に感謝状を贈呈した。


※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。




関連記事