ニュース

ニュース内を

2019年07月29日
No.10001309

メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン
メルコがマリノス、マンチェスター・シティと契約

左からシティ・フットボール・グループのステファン・シープリック氏、ローレンス・ホー会長兼CEO、横浜マリノスの黒澤良二社長

アジアで「シティ・オブ・ドリームス」などのカジノを含む統合型リゾート(IR)を運営するメルコリゾーツ&エンターテインメント(香港)の日本法人であるメルコリゾーツ&エンターテインメントジャパンは7月26日、プロサッカークラブ2チームとパートナーシップ契約を締結。横浜市内のホテルで記者会見を行った。

契約を結んだのは、明治安田生命J1リーグに所属する横浜F・マリノスと昨シーズンのイングランド・プレミアリーグ王者マンチェスター・シティFCだ。

同社のローレンス・ホー会長兼CEOは「チームを勝利に導くこととパートナーシップを成功に導くことには共通点がある。パートナーと大きな志を共有すること、そして21世紀にふさわしい価値を共に追求していく」と述べた。

マリノスと契約した理由について「サッカーはグローバルなスポーツで、ビジネスと共通している部分がある。マリノスについてはコミュニティプログラムを高く評価していて、共にエンターテインメントを提供できればと考えている。これから日本のコミュニティの仲間に入れていただければ」とホーCEOは日本での活動に意欲をみせた。


関連記事