ニュース

ニュース内を

2019年09月26日
No.10001386

認証協
吉村代表理事を3選
定時社員総会

総会で議長を務める吉村代表理事

電子認証システム協議会は9月18日、都内の第一ホテル東京で定時社員総会を開催。任期満了に伴う役員改選で吉村泰彦氏(JCMシステムズ社長)を代表理事に再任、長谷川慶氏(名古屋精工)を理事に再任した。

3期目を務めることになった吉村代表理事は、「現在の厳しい状況を乗り越えるために、遊技者の射倖心を抑制するハード面の仕組み作りなどを通して、積極的に業界に貢献していきたい」と意欲を見せた。

課題事業は次の3つ。①管理遊技機、メダルレス遊技機に対応したシステムユニットとホール内管理サーバーの開発 ②21世紀会の方針、指針に従い依存問題に積極的な対応を図る ③iクリアシステムの販売促進(17期中に新たに導入・契約したホールに対して最大3カ月間のデータ保管料無償キャンペーンを実施)  

今期末現在のiクリアシステムの総契約件数は約1000件だった。

全日遊連の阿部理事長も認証協の監事として出席、冒頭であいさつをした


関連記事