ニュース

ニュース内を

2019年12月10日
No.10001487

日本 e スポーツ連合 
日本 e スポーツ連合 国際大会に日本代表選手を派遣

一般社団法人日本 e スポーツ連合(JeSU)は、12月12日~14日に韓国ソウルで開催される「第11回eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」に日本代表選手を派遣する。
eスポーツ ワールドチャンピオンシップは、国際eスポーツ連盟(International Esports Federation、略称:IESF)が主催するeスポーツの世界大会で、今年は世界47の国と地域が参加する予定。12月14日の決選はYouTubeでJeSU公式番組配信を実施する。

今年度の公式種目は、「eFootball ウイニングイレブン 2020」、「鉄拳7」、「DOTA2」の3種目で、
JeSUは以下の選手およびチームを派遣する。

▽「eFootball ウイニングイレブン 2020」部門(個人戦 33ヵ国参加予定):うでぃ選手
▽「鉄拳7」部門(個人戦 34ヵ国参加予定): タケ。選手
▽「DOTA2」部門(チーム戦 21ヵ国参加予定):チーム TeamMay(Suan選手, Arab選手, 野球犬選手, うたたねかえる選手, toyomaru選手)


関連記事