ニュース

ニュース内を

2020年10月28日
No.10001977

ゲーミング規則 国際2団体が協働を発表
標準推進団体(IGSA)と規制機関団体(IAGA)が効果的なゲーム規制を推進

IGSAのピーター・ドゥレット会長。今年1月には来日し、IGSA日本事務所が主催したセミナーでゲーミング産業の課題を説明した。

国際ゲーミング・スタンダーズ協会(IGSA)は10月26日(米国時間)、ゲーミング規則の効率的かつ効果的な機会最大化を目的とした国際ゲーミング規制機関連盟(IAGR)とのコラボレーションを発表した。両組織の提携は初めてで、ゲーミング業界の飛躍的な進歩につながることが期待される。

第一段階として、今後1年の間に以下の2項目に優先的に取り組む。
- ゲーミング規制の方針とその実行に影響を与える、既存および新たな問題に関する議論と情報交換。
- 標準とテクノロジーを活用して効率的かつ効果的なゲーム規制を推進する機会を明確にし実践していく。

IGSA(International Gaming Standards Association)は1998年に設立されたゲーミング産業の技術標準策定の推進団体。日本でも知られているAristocrat TechnologiesやInternational Game Technology (IGT)、日系のAruze Gaming、Konami Gaming、Sega Sammy Creationなどのゲーミング機器メーカー、JCM Globalなどの周辺設備メーカー、2大検査機関のGLIとBMMなど様々な領域の企業約70社が会員に名を連ねている。

 IAGR(International Association of Gaming Regulators)は北米、欧州、中南米、カリブ、アジア、オセアニア、アフリカの70以上のゲーミング規制機関の代表者で構成されている(日本のカジノ管理委員会は未加盟)。その使命は、ゲーミング規制の有効性と効率性を推進すること。

 IGSAのピーター・ドゥレッド(Peter DeRaedt)会長は、「事業者とサプライヤーの効率を高めつつ規制の監視を強化するためには、国際レベルでの規制当局との一丸となった対話が重要であると我々は確信しています。 我々とIAGRとの協働は、ゲーム業界全体の改善に向けた大きな前進です」とコメント。
 IAGRのマブソ・ズウェイン(Mabutho Zwane)会長は、「規制当局として、ゲーミング業界との対話は特に2つの点において非常に重要です。第一に、産業セクターの理解のため。第二に、 十分な情報に基づき 効率的かつ効果的なギャンブル規制推進の意思決定を行うため。テクノロジーを活用して規制実務の革新を推進する好機である今こそ、我々の対話は重要です」とコメント。

 IGSAのメンバーになるかメーリングリストに登録すれば、両者がどのような議論を交わしているか状況を知ることができる。