ニュース

ニュース内を

2021年05月27日
No.10002301

ベルコ
鬼浜カッ飛び開始!
『鬼浜爆走紅蓮隊 狂闘旅情編』導入始まる

主人公リュウジをはじめ鬼浜爆走紅蓮隊と敵チームとのタイマン勝負が楽しめる

5月24日、ベルコの『鬼浜爆走紅蓮隊 狂闘旅情編』の導入が始まった。同社のキラーコンテンツということもあり、15台(埼玉県の店舗)や8台(23区内の店舗)といった多台数導入も目に付く。

鬼浜シリーズでは初の6号機となる本機は、純増約2・8枚のAT機。AT終了後の128Gまでの引き戻し期待度が約50%。さらに、「真・鬼メーター」が通常時でも期待感の途切れないゲーム性を演出する。

横浜市内のホールに夜勤明けで並んだという40代の男性は、「初代は学生時代によく打った。パネルも初代の雰囲気があり懐かしい。カッ飛びZONEに入るときの『ブッコんでくんで よろしくゥ!!』もそのままで、久しぶりにパチスロを打って楽しかった」と話す。

『鬼浜爆走紅蓮隊 狂闘旅情編』は、初代のゲーム数管理や鬼メーター、レア小役によるAT直撃、バリバリ目などの要素を盛り込みつつリメイク。また、継続率がステップアップするAT「(真)ツッパリRUSH」やRUSH勝率・報酬・救済の3種類のアイコンを獲得できる「愛コンシステム」のほか、本機最強特化ゾーン「鬼神乱舞」や「翔フリーズ」といった強力な出玉トリガーも搭載。6号機ならではのドラマティックなゲーム展開が楽しめる台に進化した。6号機世代の若年層から初代を打ち込んだ中高年層まで幅広いファン層にアピールしそうだ。



『鬼浜爆走紅蓮隊 狂闘旅情編』特設サイト
https://www.s-bellco.co.jp/onihama-kyou/

楽曲配信サイト
https://www.s-bellco.co.jp/onihama-kyou/sound/



関連記事