特集記事

特集記事内を

2021年08月26日
No.10002441

オーイズミ
強力UV照射でメダルを殺菌
メダル補給・回収システム『クリスタルM』/搭載用オプション『菌滅灯』

コロナ禍で店内の安心・安全が求められているホールにとって、感染症対策を徹底することは集客のために必須の条件となっている。目に見えないウイルスに対してしっかりと対策をとるためにオーイズミが提案するのが、メダルをウイルスから守る殺菌灯ユニット『菌滅灯』(きんめつとう)だ。

樹脂研磨式メダル補給・回収システム『クリスタルM』でパチスロコーナーの運営に貢献してきたオーイズミ。同社では新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで、どうすれば自社のリソースを活かしてホール営業に貢献できるかを検討してきた。そこで導き出された答えの一つが、パチスロ用メダルの殺菌だ。『クリスタルM』搭載用のオプションとして今年1月、殺菌灯ユニット『菌滅灯』の提供を開始した。

『菌滅灯』は強力な紫外線(UV)を照射することで補給タンク内のメダルを殺菌し、順次循環させる。UVの波長は253・7nm(ナノメートル)。一般的にこの数値はUVの波長において最も殺菌作用が強いとされている。大腸菌なら15秒、強い菌でも30秒照射で96%以上が死滅するという。細菌・カビなどほとんどの菌種やウイルスに有効で、殺菌後の残留物もないため、照射後の除去・洗浄が不要。稼働中の『クリスタルM』に取り付けられるので、店休せずに簡単に導入できる。

大阪市北区の『FREEDOM』(総台数1008台/パチンコ576台・パチスロ432台)では2月20日、オープンから10年の節目となるリニューアルオープンを迎えた。リニューアルにあたっては、ウィズコロナ時代に対応できるさまざまな製品を導入した。そのひとつがオーイズミの『菌滅灯』だ。河野晶店長は導入の理由をこう語る。

『FREEDOM』

安心感を与える店舗づくりで、コロナ禍でも高稼働を続ける

「コロナ禍の来店について、お客様から『自分より家族が心配している』との声を聞きました。家族に後ろめたい気持ちがあるとホールに足を運んでいただけなくなるので、安心・安全に貢献できる設備を導入しました。当店は玉積みで不特定多数の人が玉やメダルに触れますから、『菌滅灯』はお客様の安全に貢献してくれています」(河野晶店長)

同店では来店客に安心感を提供するため、「殺菌中」というステッカーを用意。これをお客の目に触れやすい計数機周辺に貼付することで、来店客に安心感を与えている。加えて各台に除菌シートを配布。入り口のサイネージにも「新型コロナウイルス徹底対策店舗」と表記して、ホールが安全な場所であることを知ってもらう努力をしている。こうしたコロナ禍でも来店してもらえるホールづくりが、平日でもメイン島を中心に満席になる高稼働につながっている。

「メダル殺菌中」のステッカーがお客様への安心安全の印象付けに一役買う

株式会社オーイズミ
TEL.046-297-2111
https://www.oizumi.co.jp/products/medal/index.html