ニュース

ニュース内を

2021年09月16日
No.10002469

日電協
パラリンピック出場2選手が結果報告

日本電動式遊技機工業協同組合が2018年度から支援を継続し、先の東京2020パラリンピックに出場したパラ・アスリートの2選手が9月13日、東京・上野の日電協事務局を訪問した。

組合を訪れたのは中西麻耶選手(T64女子走幅跳び代表)と生馬知季選手(T54男子100m代表)の2選手と、生馬選手が所属するワールドアスリートクラブの松永仁志監督。コロナ禍で1年延期された大会に備えた苦労やパラリンピックでの結果とともに、大会でのエピソードなどを伝えた。

2022年の世界パラ陸上(神戸)、そして2024年のパリ・パラリンピックに向けた意欲を語る両選手に、応対した組合関係者が激励の言葉を贈った。

後列左から日電協の吉国副理事長、信田理事(明日の日電協を考える委員会委員長)、飯島専務 、鶴見理事事務局長。前列左からワールドアスリートクラブの松永監督、中西選手、生馬選手


関連記事