ニュース

ニュース内を

2017年10月05日
No.10000329

ニューギン
これが慶次の真シリーズ
『CR真・花の慶次2』プレス発表会

フォトセッションで。左から1人おいて、大西さん、金海常務、中村次長、角田さん

ニューギンは10月5日、ベルサール秋葉原(千代田区)で、『CR真・花の慶次2』のプレス発表会を開催した。

冒頭の挨拶でニューギン販売の金海晃和常務取締役は、「花の慶次シリーズは、今年で10周年。ひとえにファンやホールが支えてくれたおかげだが、その歴史に恥じないシリーズ最高傑作」と完成度の高さをアピールした。

開発コンセプトを語る金海常務


同機は2015年に導入され稼働貢献28週を記録した『CR真・花の慶次』の直系後継機。突入率70%のV確ST機で、右打ち中の出玉がALL約2000個はシリーズ初。「業界最高峰の慶次らしい至高のスペックになっている」(ニューギン東京開発部中村誠次長)。また、裸眼3Dのキセル演出など斬新な要素が随所に散りばめられている。

『CR真・花の慶次2』の魅力を熱く語ったトークセッション。右から中村次長、助六さん、MCの鈴木涼子さん


発表会では、パチンコ攻略マガジン助六さんと中村次長のトークセッションが行われたほか、同機に搭載された新曲『漢の喧嘩 美しく』『我無想』を大西洋平さんと角田信朗さんがそれぞれ披露した。

試打コーナーには10台の実機が用意された



©隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP1990, 版権許諾証YCA-239