ニュース

ニュース内を

2017年11月22日
No.10000393

山佐
都内で山佐塾が開講
一般ファンが『パチスロ ゴッドイーター2』試打

ホール導入前の『パチスロ ゴッドイーター2』を試打する参加者

山佐は11月17日、都内の東京分室プレスルームで山佐塾を初開催した。

山佐塾は一般のパチスロファンを対象として、ホール導入前の同社新機種をいち早く体験してもらう取り組み。機種開発陣によるトークやライターによるポイント解説、先行試打会を通じて、新機種の初期稼働向上につなげる狙いがある。

初回の山佐塾には公募から申し込んだ一般ファン9人が参加した。対象機種は12月4日からホール導入予定の『パチスロ ゴッドイーター2』。開発本部企画開発部のプロデューサーとディレクターが版権獲得に至るまでの開発秘話を明かしたほか、パチスロ必勝ガイドのパチスロライター・まりもさんがゲームフローなどを解説した。

パチスロライターのまりもさんがゲームフローを解説した


その後は約1時間にわたって一足早い試打会を開催。参加者はじっくりとゲーム性や演出を堪能しながら、開発陣やまりもさんとの会話で盛り上がった様子だった。

『パチスロ ゴッドイーター2』を用いた山佐塾は、11月24日にも開催予定。両日とも1日2回・全4回の開催で、計約40人の一般ファンが参加する。

山佐は自社ファンと定期的な関わりの場をもつことで、ブランディングの一環としたい考えだ。

参加者はアツいポイントをじっくり堪能した

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©YAMASA