ニュース

ニュース内を

2018年02月09日
No.10000508

山佐
元祖4thリールが復活
『カンフーレディ・テトラ』内覧会

東京の内覧会場には多くのホール関係者が試打に集まった

山佐の新機種『カンフーレディ・テトラ』の内覧会が2月7日から全国各拠点で開始された。4号機『シーマスター』で搭載されて話題を呼んだ4th(テトラ)リールが復活。テトラリールと出目との融合で「A+RTタイプ」のゲーム性を最大限に高める。

ビッグボーナス終了後は「チャレンジループRT」に突入。RT「奥義」で規定ゲーム数消化後にRT「試練」へ。テトラリールにパンダ師匠が停止で昇格リプレイ成立を示唆、右リールに3連チーパオを狙い成功すればRT「奥義」に突入。転落リプレイ成立まで約66%でループする。

BB中は、パンダ師匠出現時に逆押しで左リールに3連チーパオを止めることができればMAX枚数(285枚)を獲得。このほか、テトラリール回転後の停止タイミングや停止絵柄で小役やボーナス確率を示唆するなど、テトラリールが様々なタイミングで活躍する。

完全告知以外のノーマルタイプのラインナップを充実させることが求められる今後、必須の一台。内覧会来場者も「RTループのAタイプはいつまで続くか分からないドキドキ感、そして出玉への期待も膨らませてくれる」と評価していた。ホール導入は3月上旬を予定している。


【カンフーレディ・テトラ】

©YAMASA

■ボーナス獲得枚数:BIG 最大285枚 REG 最大117枚
■ボーナス合算確率:現在調査中
■出玉率:現在調査中