ニュース

ニュース内を

2018年11月20日
No.10000910

北電子
アキバでダンまちの先行試打会
『パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』ファンイベント

20代の若者を中心に幅広い年代層のファンが集まった

北電子は『パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の導入を翌日に控えた11月18日、パセラリゾーツAKIBA(千代田区)で、ファンイベントを開催した。

イベントのうち、『パチスロダンまち スペシャルイベント集え冒険者たち』では、事前公募でファン約150人を招待。3回に分け、試打のほか、人気ライター6人とコスプレイヤーえなこさんとのトークショー、実機バトル、ゲストじゃんけん大会、パチスロライターとの記念撮影などを行った。

都内在住の20代男性は、「明日(19日)から導入されるダンまちを1日早く打ててうれしい。実機説明もわかりやすかったし、魚拓さんにも間近で会えて良かった」と満足そうだった。

MC役は魚拓さん。原作やパチスロの話で盛り上がった

女神ヘスティアのコスプレで登場した、えなこさん


液晶画面を真剣に見入りながら試打を行うファン

パセラリゾーツAKIBA内の別会場では、当日受付で誰もが参加できる先行試打会を実施。先着777人にダンまちのクリアファイルをプレゼント。翌日から導入される『パチスロダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の稼働支援を行った。
夜20時からは、ニコニコ生放送で『パチスロダンまち 導入直前!ニコ生最速バトル』を配信。人気ライターによる先行試打の様子を約4万8000人が視聴した。アンケートでは、「とても良かった」「まあまあ良かった」を合わせると、番組視聴者の92.6%から高評価を得た。

試打会場で説明役を務めたSIR(サンスポアイドルリポーター)のメンバー

ニコ生のアンケート結果

また、この日はパセラリゾーツなんば道頓堀(大阪市)でも、先行試打会を開催した。ジャンバリ.TVの七瀬静香さん、虹ひかりさん、ジューシー伊達さんが出演。大勢のアニメファンやパチスロファンが来場し、盛り上がった。

略称『ダンまち』で親しまれている『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は原作のライトノベルズが累計1000万部突破。コミック、アニメ、ゲームなど多彩なメディアで展開、2019年には劇場版の公開も決定している。
『パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は、厚いファン層がいるコンテンツとして、ホールへのアニメファン誘引も期待されている。

最後に出演者全員で記念撮影


パチスロダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
A+RTタイプで、獲得枚数最大251枚から平均56枚まで5種類のリアルボーナスを搭載。RTは、ソロプレイ(30G)とマルチプレイ(30Gor不定)で構成。 マルチプレイは2種類のRTが約70%でループし、平均約350G継続。メダルの減少を抑えつつ、次のボーナスを獲得することで出玉を増やしていくのが基本的なゲーム性だ。

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会 ©KITA DENSHI


関連記事