ニュース

ニュース内を

2019年06月05日
No.10001218

パイオニア
設定1でもボーナス合成確率1/99
『ハイハイシオサイ』内覧会

告知と同時にブラックアウト(左端の台)

パイオニアは6月5日、都内で『ハイハイシオサイ』の内覧会を開催。同機は、新規則のノーマルタイプで25φ機。ハイハイシリーズでは、初の6号機となる。

小役同時当選割合が高く、告知タイミングが第三停止後100%のため、どの小役成立ゲームにもボーナスの期待が持てる。さらに小役ハズレ目やビタ止まり、2コマスベりが条件の1確目など、ポピュラーなものからマニアックなものまで、多彩な出目がユーザーを魅了する。

初代ハイハイシオサイの目押し不要というDNAを継承、ユーザーの技量に関係なく打てる安心設計となっていて、幅広いユーザーのニーズが期待できそうだ。

「第三停止で、リールがブラックアウトすると同時にハイビスカスが光ってびっくり。ハイビスカスが今までの機種よりもきれいに見えた」(都内店長・男性)

また、設定示唆要素も搭載(ボーナス中の獲得枚数アップ成功時に、リール脇の花が赤ならば偶数、レインボーならば高設定を示唆)。稼働促進要素のひとつになっている。導入は8月上旬からの予定。

©PIONEER

【ハイハイシオサイ】
▽ボーナス合成確率:1/99(設定1)~1/78(設定5)
※5段階設定(1、2、3、5、6)
▽出玉率:98%(設定1)~108%(設定6)
▽獲得枚数:BIG 最大194 枚、REG 最大 102 枚