ニュース

ニュース内を

2019年07月03日
No.10001265

横浜・山下ふ頭IR
横浜市の港湾団体がIR誘致断念要求

横浜港山下ふ頭(横浜市中区)で、カジノを含まずに大型展示会場を核にした大規模再開発を目指すために今年5月に設立された一般社団法人横浜港ハーバーリゾート協会(藤木幸夫会長)は7月1日、市内で設立集会を開催。カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の是非を検討している林文子市長に対して、誘致の早期断念を求める6月27日付の文書を、横浜港運協会と連盟で提出したことを明らかにした。

都心臨海部での戦略的な都市づくりの検討の一環として、IRの調査・分析を進めてきた横浜市は、昨年7月のIR整備法の成立後も「現段階では、IRを導入する・しないについての判断をしておりません」との説明を変えていない。

港湾運送事業者団体の反対や、市民の世論調査の結果などから、ラスベガスサンズは先月、横浜市について「現時点ではチャンスはないと見ている」と言及している。


関連記事