ニュース

ニュース内を

2019年07月05日
No.10001272

『三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2019』
オーストラリアが12連覇
海の安全へ子どもたちと交流イベントも

12連覇を果たしたオーストラリアチーム

三洋物産は6月22日と23日の2日間、福岡市早良区のシーサイドももち海浜公園百道浜地区東側で『三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2019』を開催した。12回目となる今大会には6カ国・地域から7チーム70名の選手が参加し、10種目の競技を2日間にわたって競った。

今大会ではスイム・ボード・サーフスキーの全てをM字コースで周回する新種目を世界で初導入。特にリレー形式は男女混合でスタートし、最後まで順位が入れ替わる接戦を繰り返すレース展開となり、「観せる大会」として盛り上がった。



ビーチ競技とマリン競技で熱戦が繰り広げられた

総合優勝はオーストラリアで、2位以下に大差をつけて圧勝。まさに王者の強さで12連覇という偉業を達成。第2位はニュージーランド。第3位に日本A(トップ選手)が入賞した。

1日目と2日目の総合ポイントを比べると、2日目の総合3位は南アフリカで、最後まで日本Aと表彰台を争った。日本Aは1日目のビーチフラッグスで男女ともに1位を獲得するなど、得意のビーチ種目で順調にポイントを重ね、サーフチームレースやボードレースなどで、常にオーストラリアやニュージーランドに続く展開を見せた。若手中心で構成された日本Bは初出場のスペインと競り合いながら5位に入った。種目別では2日目のレスキューチューブレスキューで日本Aにも勝り、強豪2国に続く3位を獲得する健闘を見せた。

大会後のフェアウェルパーティ


選手の健闘を讃えた三洋物産の盧昇専務取締役

選手が子どもたちと交流

大会が終了した翌日の6月24日には、同会場で参加選手と地元小学5年生がライフセービングを通じた国際交流イベントに参加。3年連続の恒例イベントとなり、ライフセービングスポーツを楽しみながら、海の安全について体験した。また、大会初日には地元の小学生とその保護者が集う地引網イベントがあり、参加者が出場選手と交流した。




三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2019
【総合順位】(ポイント)
1位オーストラリア(930pt)
2位ニュージーランド(835 pt)
3位日本A(690 pt)
4位南アフリカ(687 pt)
5位日本B(521 pt)
6位スペイン(501pt)
7位香港(370 pt)


関連記事