ニュース

ニュース内を

2019年10月28日
No.10001418

SANKYO
人気版権のパチンコとパチスロ同時発表
『Pフィーバートータル・イクリプス』『パチスロ トータル・イクリプス2』プレス試打会

©吉宗鋼紀・ixtl/テレビ東京/オルタネイティヴ第一計画 ©aNCHOR

SANKYOは10月23日、都内で『Pフィーバートータル・イクリプス』と『パチスロ トータル・イクリプス2』のプレス試打会を開催した。

『Pフィーバートータル・イクリプス』

大当たり確率1/199.8、トータル継続率84.3%(時短引き戻し含む)を誇るV確ループタイプだ。確変非報知のゲーム性で、内部的に確変だった場合は101回以降も継続し、次回大当たりまで高速消化する「高速モード」に突入する。確変中の大当たりは、出玉数が多いほど確変期待度がアップ。時短が必ず100回付いてくるため、電サポ中は最後まで楽しめるゲーム性だ。
大当たり後のモードは「バトルモード」「恋愛モード」から任意で選択可能。「バトルモード」はBETAを倒すことができれば大当たり。「要塞級BETA撃破リーチ」は、参戦する仲間や人数によってチャンスアップするリーチだ。「恋愛モード」は、5人のキャラクターから1人を選択。選んだキャラ専用の予告とリーチが発生するようになる。「恋愛リーチ中」は「まぶLOVEカットイン」出現で大チャンス。
通常時はBETAが接近し、緊迫感が増すほどチャンス。あらゆるタイミングで落下する「BETA歯形役物」が発動で注目だ。



▼大当たり確率:1/199.8→1/99.9
▼電サポ回数:100回or次回
▼トータル継続率:約84.3%
 ※確変継続率74%・時短引き戻し率39.5% ※特図2の場合
▼ラウンド:2Ror3Ror4Ror6Ror8Ror10R 10カウント
▼出玉数:200個or300個or400個or600個or800個or1000個

『パチスロ トータル・イクリプス2』

純増約2.7枚/GのAT機。ATは1セット30Gの「サバイバルタイム」(ST)と、1セット10~50Gの「シューティングチャンス」(SC)、SCで獲得した報酬のループで出玉を獲得する。ボーナスや継続率昇格ゾーンでSTの継続率をアップさせていくシステムで、最大継続率約96.4%までアップできれば完走は目前だ。
AT初当たり時の約50%で「超一撃モード」に移行。「超一撃モード」中にATが継続すると2種類ある特化ゾーンのどちらかに突入する。20G間続く特化ゾーン「超サバイバルタイム」はSCの上乗せ抽選を行い、黄7が揃えば上位の特化ゾーン「帝都燃ゆ」に突入。「帝都燃ゆ」は1セット10G続くST式特化ゾーンで、シューティング図柄が揃うとSC上乗せ+10Gが再セットされる。どちらも毎ゲームSCの上乗せ抽選を行っているので大量出玉獲得に期待ができる。


▼ボーナス確率:1/331(設定1)~1/118(設定6)
▼CZ確率:1/182(設定1)~1/89(設定6)
▼AT初当たり確率:1/734(設定1)~1/174(設定6)
▼出玉率:96.7%(設定1)~111.0%(設定6)


関連記事