ニュース

ニュース内を

2019年12月12日
No.10001489

ダイナムジャパンホールディングス
ダイナム開発 ビデオスロット機 カジノで稼働開始

ビデオスロット機「Fortune Frogs」

ダイナムジャパンホールディングスが 事業パートナーであるWEIKE GAMING TECHNOLOGY(シンガポール)と共同で開発したビデオスロット機「Fortune Frogs」などダイナミックWシリーズ3機種が、11月30日からマカオのカジノ施設「Legend Palace Casino」に設置され 稼働を開始した。

このビデオスロット機は、ゲーミングソフトウェアの企画及び開発をダイナムジャパンホールディングスが担当し、ハードウェアの開発、ゲーミングソフトウェアの実装及びカジノオペレーターへの販売をWEIKE社が担当。今年5月にマカオで開催されたゲーミング産業の大型展示会「Global Gaming Expo Asia 2019(G2E)」のWEIKEブースで一般には非公開で展示されたもの。

ダイナムジャパンホールディングスは12月10日に発表したプレス向けリリースの中で、ダイナミックWシリーズを「パチンコのゲーム性を取り入れマスマーケット向け・時間消費型の『パチンコボーナスシリーズ』と、 1リール・1ラインで当たり・ハズレが短時間で決まる『ハーフチャンスシリーズ』の組み合わせ」と説明している。

WIKI社はシンガポールに本拠を置くビデオスロット機や電子テーブルゲームの開発会社で、マカオでカジノ機の製造・販売ライセンスを保有している。


関連記事