新製品情報

新製品情報内を

2020年09月08日
No.10001888

豊丸産業
ワンランク上のソーシャルディスタンスを創出
『スペースボックス』

新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中のあらゆるところで求められるようになった「ソーシャルディスタンス」。ホール業界では8月下旬現在までに、クラスターが発生した事実は一切ないが、コロナ禍以前のにぎわいを取り戻すためには、“安心感”の提供が必要不可欠だ。

豊丸産業が提案する『スペースボックス』は、スペースを新たな価値として提供しソーシャルディスタンスを保つことができるお役立ちアイテム。飛沫防止用ボードで台間が仕切られている場合と比べると、隣席者との相対距離が目に見えて広がり、顧客心理に大きな安心感を与えてくれる。


さらに今後の遊技環境では、「デュアルタスク」や「スペシャルスペース」などへの配慮も求められるだろう。デュアルタスクとは例えば、遊技しながらスマホで情報収集するというように、二つのことを同時に行うこと。スペシャルスペースとは、これまで以上に落ち着けるスペースを指し、遊技台まわりの空間を特別なものにすることだ。


多機能性、極まれり
『スペースボックス』を導入すれば、ソーシャルディスタンス、デュアルタスク、スペシャルスペースの3要素がすべて手に入る。遊技台枠をベースに設計しているため、新台入替の要領で設置が可能。飛沫防止用のボードを実装しているが扉のように開閉し、島内部の点検もできる。


手前に飛び出した「底板部分」のサイズは、奥行き最大59センチ×37センチ。カバンや上着などを目が届く範囲に置ける。遊技席側にはスマホやタブレットが自立できる工夫を施したほか、遊技の邪魔になりがちな長傘もかけられ、使い方は顧客次第だ。

消毒液やBOXティッシュ、小冊子などを備え付けられるのが「棚部分」。高齢者の離着席をサポートしてくれる手すり状の「スマートバー」も重宝する。


問い合わせ
豊丸産業(株)
TEL:052-452-8111(代)
『スペースボックス』紹介サイト


関連記事