ニュース

ニュース内を

2020年12月15日
No.10002061

プラスアルファ
売り場プロモーション 診断士検定試験1625人が受検

プラスアルファ(東京都)が主催する「第8回売り場プロモーション診断士検定試験」が10月から11月に行われ、156社計1625人が受験した。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からWEB試験を導入したことで、受験者が増加した。

同検定試験は、パチンコホールの販促を科学的に分析、数値化し、遊技客に店舗の魅力を効果的に伝達する人材を広く輩出することを目的としたもの。合格者は社内講師となって、店舗の広告宣伝の改善をリードすることが期待されている。また、同検定試験の合格を人事評価制度に取り入れているホール企業もある。

今回の試験に先立ち、売り場プロモーション診断士検定4級の試験対策レクチャー動画が初めてYouTubeで一般公開され、12月初旬時点で4,950回以上再生されている。


関連記事