ニュース

ニュース内を

2020年12月28日
No.10002083

成通が児童養護施設でメリークリスマス

(左から)岡山市ぱちんこ業協会の長尾周二事務局長、梅里院長、千原代表、岡山県遊協の高見浩三専務理事

全国に「ハリウッド」の屋号でホール33店舗を展開する成通グループ(岡山市)は12月24日、市内の児童養護施設「新天地育児院」にクリスマスプレゼントを贈った。

成通グループは例年、クリスマス会を実施して同施設の子どもたちと交流を図ってきたが、今年は大人数で児童と接触することが制限されていることから断念。寄付金およびプレゼントの贈呈に留めた。

当日はサンタクロースの帽子をかぶった千原行喜代表が訪問。梅里拓志院長に目録を手渡した。寄付金は成通グループと岡山市ぱちんこ業協会によるもの。寄贈品としてHDレコーダーやペダルがないランニングバイク、クリスマスケーキなどをプレゼントした。

梅里院長は「プレゼントを通じたご厚意を大事にしたい」などと謝意を表し、千原代表に感謝状を手渡した。成通グループによる支援は今回で44回目を数える。

HDレコーダーやランニングバイクなどのプレゼント品

感染症対策を講じて意見交換もなされた


関連記事