ニュース

ニュース内を

2021年06月25日
No.10002340

ユーコーラッキーグループ
ユーコーがSDGsの一環で、旧制服から『エコバック』制作

九州を中心にホール27店舗を運営するユーコーラッキーグループ(福岡県久留米市)は6月25日、SDGs(Sustainable Development Goals /持続可能な開発目標)の一環として、2019年まで同社ホールスタッフが着用していた「旧制服」をリサイクルして『エコバック』を制作。社員やアルバイトスタッフにプレゼントした。

『エコバック』は、制服から抽出した再生ポリエステルで制作。リサイクルに使用した旧制服は計3万20枚で、再生利用によるCO2削減効果は約2912㎏に相当する。加えて、同社従業員がこのエコバックで買い物をして、レジ袋として使用をした場合のCO2の削減効果は、年間約6000㎏相当という試算が出た。

今回の取り組みは社内でも好評で、実用性の高い取り組みとなった。




関連記事