ニュース

ニュース内を

2021年08月27日
No.10002446

ユーコーが8月九州豪雨で立体駐車場開放

同社立体駐車場の様子

九州を中心にホール30店舗を運営するユーコーラッキーグループ(福岡県久留米市)は8月に発生した記録的な豪雨で、グループ店舗の立体駐車場を「自動車の一時避難場所」として無料開放した。

立体駐車場を開放したのは、福岡県、佐賀県の4店舗。佐賀市では13日から避難が増え、ゴールデンラッキー若宮店では、230台が立体駐車場を利用した。

佐賀県遊協は、今年4月に災害時に駐車場を活用する協定を県と締結。そのため、今回は避難場所としての認知度が広がっており、迅速な対応に繋がった。

利用者からは、「身近にあるパチンコ店が助けてくれるのは嬉しい」「電話での対応も親切で良かった」など、感謝のコメントが寄せられた。

ユーコーラッキーグループの金海基泰代表は、「地域の皆様のお役立ちになることは、率先してやっていきたい。業界の取り組みが少しでも、多くの人に伝われば嬉しい」と語るなど、今後も精力的に社会貢献活動を行う予定だ。


関連記事