ニュース

ニュース内を

2022年04月21日
No.10002763

ニューギン
一連で最大約10,050個
『Pはぐれ刑事純情派』先行導入

ライトミドルながら突出した出玉期待感がある『Pはぐれ刑事純情派』 ©東映

ニューギンは4月12日、名古屋市の直営店『パーラーニューギン』(総台数476台)で、パチンコ新機種『Pはぐれ刑事純情派』を先行導入した。導入台数は4円に10台と1円に3台。全国に先駆けて突出した出玉感を堪能しようと、新台開放前には多くのファンが列をなした。

タイアップコンテンツは、俳優の藤田まこと氏が主演を務めた「はぐれ刑事純情派」。1988年4月から2009年12月までに全18シリーズ、スペシャルなどを含めて444話が制作された刑事ドラマだ。

スペックは、大当たり確率1/199.8の時短突破タイプ。初当たりのすべてで、7R通常後に時短70回に突入する。時短中は「純情派編」「BARさくら編」の2タイプから演出の選択が可能。時短中に引き戻すことで、確変状態に100%移行する。リミットの振り分けは、6回セットと2回セットが50%ずつだ。

「極情メモリアルモード」は6回セット。特図2大当たりの払い出し出玉はすべて1500個なので、初当たりを含めた一連の払い出し総数は、1万50個を誇る(初当たり1050個+右打ち中9000個)。「安浦刑事伝説モード」突入時は同4050個だ。

遊タイムは低確率599回転消化後に発動。時短回数は759回で、突入時の引き戻し期待率は約97.8%に上る。

ホールスタッフの宮﨑修一さんは、「『はぐれ刑事純情派』は刑事ドラマとして長期にわたって放送されていたので、年配の常連様からの問い合わせがとても多かった。ライトミドルなので、初当たりも早い。コンテンツが好きな年配客にも突破型というゲーム性を楽しんでいただきたい」と語った。

導入された4円10台と1円3台を目当てに、開放前には長い列ができた


関連記事