ニュース

ニュース内を

2018年04月05日
No.10000578

ピクセルカンパニーズ
子会社開発のスロットマシンゲーミング施設に導入

ピクセルカンパニーズ(東京:JASDAQ2743)は3月27日、同社子会社でカジノ向けゲーミング機器の開発・製造を行っているLT Game Japan(LTJ社)のスロットマシン「RGX‐1000シリーズ」8機種(タイトル)32台が、ベトナム・ホーチミン市のホテル内のゲーミング施設「HOTELEQUATORIALO.V.CLUB」に導入されたと発表した。

「RGX‐1000シリーズ」はLTJ社のカジノ関連事業の第一弾で、カジノ向けスロットマシンとしては世界初となる本格的な稼働ギミックを備えた次世代型マシン。筐体は上下2段のマルチ画面を搭載。

導入された8タイトルのうち「FORTUNE MONKEY」は、マカオで開催される、大型国際カジノ見本市「MGS エンターテイメントショー~クリエイティビティ&イノベーション」において最優秀コンテンツ賞(2016)、「GOD of the SEA」が最優秀テーマ賞及び最優秀ユーザー賞(2017)を受賞している。


関連記事