ニュース

ニュース内を

2018年07月18日
No.10000726

ベルコ
ビンゴ・鬼浜の最新作
『スーパービンゴリバース』『CR鬼浜 疾風迅雷ver.235』展示会

©BELLCO BELLCO/©SYSCOM

ベルコは7月11日・12日、東京上野ショールームと大阪元町ショールームで、最新2機種の展示会を開催した。会場には、ホール企業の店長等が大勢試打に訪れるなど注目を集めた。

『スーパービンゴリバース』は、ベルコのパチスロのキラーコンテンツと言える『スーパービンゴ』シリーズの最新作。

最大の特徴は、50%OVERと従来のビンゴシリーズの10倍以上の割合でHooah!(ARTゲーム数3桁以上)が発生すること。しかも、発生時は平均で約300Gと、まとまったゲーム数が期待できる。また、エンディング確定となるプレミアム役「極Hooah!」を新たに搭載。導入は9月上旬の予定。 

『CR鬼浜 疾風迅雷ver.235』は、大当たり確率約1/235.7で、確変継続率約64%のV確STタイプ。また、右打ち時の実質15R・約1800個が66%と、まさに疾風迅雷の出玉性能を誇る。ヘソからの通常大当たり後も時短100回転の「カッ飛びZONE」に突入。引き戻し率約34.6%、80%でST突入という大チャンスゾーンだ。約1/152.4のライトミドルタイプも同時リリース。導入予定は10月から。

試打の順番待ちをする間も演出を真剣に見つめる来場者(上野ショールーム)


関連記事