特集記事

特集記事内を

2019年01月22日
No.10000991

サミーネットワークス
『ぱちガブッ!』で来店分析サービス運用開始
顧客行動の可視化が可能に

『ぱちガブッ!』企画運営課の若林課長

サミーネットワークスが昨年12月から、パチンコ・パチスロ総合情報サイト『ぱちガブッ!』内にあるホール向け管理画面内で、「来店分析サービス」の運用を開始した。生活者情報を集めたビッグデータを活用して来店客の動きが視覚的にわかるこのマーケティングツールが、ホールにおける集客の概念を大きく変えそうだ。

新機能の来店分析サービスは、株式会社フューチャースコープ社からOEM提供を受けて開始したサービス。天気予報や乗換案内などの生活ツールアプリや、『ぱちガブッ!』や『777 NEXT』などのパチンコ・パチスロアプリなど、位置情報を取得できる約2000万人以上のスマートフォンを保有する生活者のデータを基にしたマーケティングツールだ。ユーザーが自店に来店する回数や頻度を計測することで、自店へのユーザーの来店状況や近隣ホールとの比較分析が可能になる。

集められるユーザーのデータは、スマートフォンというデバイスの位置情報を基にしたデータ。来店客個人の属性などは把握できないが、位置情報を追跡することで、来店客の行動を把握し、競合店との比較などが数値化・可視化できる。『ぱちガブッ!』の基本機能では追加料金なしで自店のデータが閲覧でき、競合店に関する分析機能はオプションの有料サービスとなる。

自店ユーザーの行動を可視化

では、具体的にどのようなデータの可視化ができるのか。例を挙げて見ていきたい。
併用分析では、自店に来店したことがあるユーザーを対象に、自店または競合店に来店するたびにカウントすることで、対象となったユーザーがどの程度の割合で自店と競合店を行き来しているのかを把握できる。

どの程度の頻度で来店しているのかを確認できる

エリアヒートマップは、どの地域からの来店が多いのかがわかる機能。来店したユーザーの位置情報をもとに地図上にサーモグラフィのような熱分布を示し、ユーザー数が多ければ多いほど赤く表示する。時間帯別の集計ができるため、例えば0時から朝6時までの時間に赤く表示されている地域は居住区、12時から17時までの時間に赤く表示されている地域は勤務地と推測できる。この地域にチラシを配布したり、『ぱちガブッ!』のエリアPUSHを利用することで、無駄なくパチンコ・パチスロ遊技者にアプローチできる。

来店者の居住地や勤務地がわかる

指定日分析は、指定した期間前後のユーザーの動向を追い、その期間に実施した施策の効果を可視化できる機能。リニューアルや新台入替などの施策期間中に来店したユーザーを、過去の来店動向から「自店のみに来店」「主に自店に来店」「主に競合店に来店」「どれにも該当しない」の4カテゴリに分類し、それぞれのカテゴリごとに指定期間前の来店状況と指定期間後の来店状況が比較できる。

有料プランで競合店分析も

こうしたデータ分析によって、自店の来店客の動向を把握できるだけでも大きな気づきを得られるが、有料プランを利用して競合店の状況を確認できれば、さらに強力な武器になる。

レーダーチャートは、自店に来店したユーザーのデータから、リピート率、店舗支持率、平均滞在時間、来店頻度の4つの項目に分けてグラフ化。大きな視点で店舗の状況を把握できる。有料プランを利用すれば同様のレーダーチャートで競合店の状況もわかるので、自店と他店の強みや弱みが確認できて、営業施策に活かせる。

来店回数来店頻度のデータも、有料プランを利用することで競合店の来店客数を自店同様に閲覧できる。

自店の来店回数がわかる

この来店分析サービスで使用する「商圏」とは、自店からの距離を指すのではなく、自店及び自店が有料プランで設定したすべての競合店に来店するユーザーの数を指す。有料プランで商圏分析機能を使えば、各店舗のシェア率がひと目でわかり、自店が競合店にお客様を奪われていないかなどをチェックできる。

エビデンスをもとに営業戦略を

こうした生活者の位置情報を用いたマーケティングはいま、さまざまな業種で使われ始めている。サミーネットワークス『ぱちガブッ!』運営企画課の若林裕紀課長は「あくまでも抽出型のマーケティングデータなので、店舗様が実際にお持ちのデータとは異なります。しかし、各店舗を同じ指標で比較できるという点で、マーケティングデータとしては有効活用できます」と話す。

これまで来店客数を示す指標は頭どりデータが一般的だった。ただ、実際に来店しているユーザーがどういう行動をしているのかまでは把握できなかった。

「位置情報とweb閲覧履歴等で取得した第三者の生活者情報を組み合わせていくことで、自店に来店してくれるお客様の行動パターンを明らかにすることが大切です」(若林課長)

しっかりとしたエビデンスをもとに営業戦略を考えていく。新時代のホール経営では、この来店分析サービスが必要不可欠なツールになるはずだ。


株式会社サミーネットワークス
東京都品川区西品川一丁目1番1号
住友不動産大崎ガーデンタワー10F
問い合わせ TEL.03-6864-5413


関連記事