ニュース

ニュース内を

2019年05月22日
No.10001192

4社合同連れパチ企画
上野パチンコラリー開催
各社ショールームに活気

ニューギン販売 東京支店で参加者と記念写真

サンセイアールアンドディ、高尾、豊丸産業、ニューギンのメーカー4社が18日、東京・上野で「上野パチンコラリー」を開催した。週末の土曜日、普段なら静かな東上野一帯が活気にあふれた。


「4社合同連れパチ企画」と題した上野パチンコラリーは、日工組が2月に東京・秋葉原で開催した「みんなのパチンコフェス」でワーキンググループに入ったメーカーが、好評だった「連れパチ」による新規ファンの取り込みを継続していきたいとの思いから企画されたもの。大きな会場を借りて実施するのではなく、既存の各社のショールームを利用することで、やれることからやろうという思いから開催された。

4社共通のツールとしてショールーム入口に立てるのぼり旗と、各社の缶バッジを集めると大型缶バッジがもらえるスタンプラリー用の台紙を協力して制作。各社のオリジナルグッズを参加者全員へのお土産として用意した。

イベント開始前には各社ショールーム前に行列ができた

当日は正午のイベント開始前から各社ショールームの前に参加者が列を作った。サンセイアールアンドディは『PAキャプテン翼雷獣ver.』、高尾は『P白魔女学園オワリトハジマリ~白魔女Ver.~』、豊丸産業は『PA女子ザジャイアントYF』、ニューギンは『Pゾンビリーバボー~絶叫~』をそれぞれ設置。来場者は15分の試打を楽しんだ。

人気パチンコタレントのヨースケさんとあおいさんが各社ショールームを訪れたほか、ニューギンのショールームではSIR(サンスポアイドルリポーター)から4人が駆けつけミニライブなどで盛り上げた。

午後5時まで行われたパチンコラリーは各社のショールームで常に長い待機列ができるほどの大盛況。総来場者数は409人にのぼり、うち335人が4社試打をコンプリート。2人以上で参加した人は247人で、連れパチ率は60.3%だった。

都内在住の女性2人組は、「何か面白そうだから来てみた。パチンコはたまにしかやらないけどお祭りみたいな感じがいい」と話していた。

サンセイアールアンドディ

高尾

豊丸産業

ニューギン



業界企業に就職目指す
G&Eの学生も参加


上野パチンコラリーにはパチンコ・パチスロ産業関連企業への就職を目指すG&Eビジネススクールの学生9人も参加。メーカーのショールームを訪れるのは初めてという学生のひとりは「新機種を打てるこの企画は楽しい。もっと打っていたかった。ファンがたくさん集まっていて、パチンコってやっぱりすごいと思った」と感想を話していた。



関連記事