ニュース

ニュース内を

2019年11月06日
No.10001440

三洋
「3R」シリーズ最新作登場
『PA海物語3R2』内覧会

三洋は11月5日、東京支社ショールームで新機種『PA海物語3R2』の内覧会を開催した。2016年2月に導入された前作『CRA海物語3R』はその後、3年間にわたって長期稼働。驚異の市場残存率90%を誇るだけに、今作も大きな関心を集めた。

今作では確変ループタイプを採用。大当たり確率約1/99.9、確変割合50%、時短33回の遊びやすさ抜群の鉄板スペックはそのまま継承。その上で大当たりラウンドは10R確変を搭載して出玉の期待感を上乗せした。

「My海カスタム」機能もパワーアップ。従来のカスタム機能に加えて、告知方法やプレミアム魚群頻度が選べるようになり海ファンの楽しみ方が多彩に。さらに「海モード」「初代モード」「アクティブモード」の選べる3モードも搭載して組み合わせのバリエーションは全480通りに。圧倒的な固定島を再び構築できそうだ。

大当たり確率1/49.9、確変割合60%の『Pちょいパチ海物語3R2』も同時発売。ホール導入はいずれも2020年1月6日からの予定。シンプルなゲーム性で鉄板の長期稼働が期待できそうだ。


PA海物語3R2
大当たり確率:約1/99.9→約1/16.9
確変割合:50%
確変タイプ:次回まで
時短:通常大当たり終了後33回
ラウンド数:10R or 5R  7カウント
賞球数:3&2&14&4


関連記事