ニュース

ニュース内を

2020年01月16日
No.10001537

ホール3社がPB機
『Sオリスロ3AA』プレス説明会

注目のPB機を試打する関係者

ホールを運営するアプリイ、ひぐちグループ、延田グループは1月14日、都内のホテルパークサイドでJPS社製『Sオリスロ3AA』のプレス説明会を開催した。

オリスロシリーズ第3弾はボーナスのみで出玉を増やすノーマルタイプで、設定は5と6の2段階。どちらも完全攻略で機械割104%とノーマルタイプファンには魅力的なスペックの上、告知ランプが光ればボーナス確定という「誰もが楽しめるパチスロ」に仕上がった。

ボーナスはBBが195枚、RBは104枚獲得。ボーナス合算確率は1/124(設定5)~1/109(設定6)で、設定5はBB比率が高く、設定6はBBとRB比率が1:1になっている。

3社が発表したパチスロPB機はすべて同一スペックだが、パネルやボーナスの告知ランプ、サウンドなどは各社のアイデアが詰まった一台。アプリイから『HYPER UPYELL』、延田グループから『パチスロ123』、ひぐちグループから『スロまる』が発表された。

ホール導入は、延田グループが1月末、ひぐちグループが2月末からを予定。アプリイは1月8日からグループ10店舗で導入を開始している。


【Sオリスロ3AA】
BB確率:1/172(設定5)~1/218(設定6)
RB確率:1/437(設定5)~1/218(設定6)
合算確率:1/124(設定5)~1/109(設定6)
出玉率:104%(設定5、6ともに)
※ベルとチェリーをすべて揃えた場合の出玉率


関連記事