ニュース

ニュース内を

2022年04月18日
No.10002758

木村義雄氏が遊技機リサイクル工場を視察
日遊協・西村会長とユーコーリプロ東日本リサイクル工場を訪問

写真右から、株式会社ユーコーの金海基浩専務取締役、木村義雄氏、日遊協の西村拓郎会長、株式会社ユーコーリプロの須永俊樹・東日本工場工場長

今夏の参院選に自民党公認で立候補を予定している木村義雄前参議院議員が4月12日、使用済み遊技機のリサイクルに対する理解を深めるために、日本遊技関連事業協会の西村拓郎会長とともにユーコーリプロ東日本リサイクル工場(埼玉県加須市)を視察した。

当日は工場内の研修室で遊技産業がリサイクルに取り組む背景やユーコーリプロ東日本リサイクル工場の処理能力などのレクチャーを受けた後に工場内を視察。木村氏は遊技機を手作業で解体し、取り出された部品を検品する作業など一連の工程を見学しながら、遊技機盤面の構造などについて熱心に質問。世界的な半導体不足で電子部品のリユース需要が増えていることなどの説明を受けた。

視察を終えた木村氏は「有価物としてしっかりと再利用されていることを確認できた。ある意味でリサイクルの典型的な良い面に取り組んでいただいていることが確認できて感激した」などと、業界の遊技機リサイクルの取り組みを高く評価した。

工場内の研修室でレクチャーを受ける

回収センター搬入口で使用済み遊技機の排出量、遊技機の寿命等について質問が挙がった

分解された盤面をのぞき込む木村氏

手作業で行われる遊技機の解体を見学

自動釘抜き機で盤面から釘を抜く作業

取り出された部品を検品する工程

広大な工場の外側を見学

視察を終えて感想を語る木村氏



関連記事