特集記事

特集記事内を

2018年08月23日
No.10000781

高山商店 パーラーチェア『TK-Z8500』
体の負担を軽減する最先端パーラーチェア
オフィスチェアとしても人気沸騰中の座り心地

昨年創業60周年を迎えたパーラーチェアの老舗メーカー高山商店。同社の『TK‐Z』シリーズは、長年培った技術とノウハウで長時間座っても疲れにくい快適性と耐久性を実現してきた。近年はオフィスやプロスポーツチームのロッカールームなどにも導入され、高い評価を得ている。


「長時間座り続けても体がつらくならない。肩凝りや腰痛が軽減されました。元々はパチンコホールの遊技椅子だと知り、驚いています。スタイリッシュでオフィスにも合いますね」と語るのは高山商店の『TK‐Z8500』を導入した都内コンサルティング会社に勤める40代男性だ。

ビジネスパーソンの中には、長時間パソコン作業をすることで背中が丸まって猫背になる人が多くいる。放っておくと腰に負担がかかり痛みが出て、体のあちらこちらに不調が出てくるという。

椅子に座ると起こる疲れやだるさは、体の表面にかかる圧力が原因。硬い椅子の上に座った場合、圧力が体の一カ所に集中するため腰回りに疲れが出る。また、人間の背骨はS字形状になっているが、椅子に座ると背骨の形状が崩れてしまう。この状態が、腰や椎間板に負担をかけてしまい疲労につながるのだ。

『TK‐Z8500』は、体に負担の少ない座り方を目指した遊技椅子。圧力がかかる座マットは、柔軟性・弾力性に優れた高反発マットを採用。圧力が一カ所に集中しないため、疲れが溜まりにくくなる。背もたれ部分は、体のつくりを考えたスマートな流線型。腰回りのフィット感が大幅にアップしたことで椅子に体を預けやすくなった。

高山商店のパーラーチェアはオフィスでも活躍している

座った際に、頭が首と体の上にしっかり乗ることで、長時間座っても体全体に大きなストレスがかからなくなる。オプションの「自動復帰式ガス上下」は、ガスクッションが座マットの耐久性をアップ。高さ調節や着席時のショックをガスクッションが受け止め、腰にかかる負担を和らげてくれる。

機能性の面では、着席・離席のスムーズさを考え背もたれ部分をスリム化。背もたれの裏には、A4サイズとA6サイズが別々に収納できる2つのポケットを用意した。

背面サイズと座面サイズは複数用意。ホールコンセプトに合わせた組み合わせが可能で、新規オープンやリニューアル、既存店問わず導入できる。他店との差別化を図るアイテムとして最適だ。

【会社データ】
株式会社高山商店
名古屋市港区藤前1丁目1174番地
TEL:052-301-0337
URL:isu-takayama.com




関連記事