ニュース

ニュース内を

2018年09月27日
No.10000829

ニューギン
誰も見たことのない深紅のゴジラ
『CR真・怪獣王ゴジラ』 『パチスロ らんま1/2』内覧会

ビルのがれきもリアルに再現。怪獣王・ゴジラの大きさがよくわかる

ニューギンは9月25日、都内でパチンコ『CR真・怪獣王ゴジラ』とパチスロ『らんま1/2』の内覧会を開催。ショールームには、天井に届くほど巨大なゴジラのフィギュアと破壊した街のジオラマが展示され来場者を驚かせた。

『CR真・怪獣王ゴジラ』は、東宝特撮怪獣映画の金字塔である『ゴジラ』とのタイアップ。2016年に公開された「シン・ゴジラ」は興行収入82・5億円を記録、ゴジラシリーズの累計観客動員数が1億人を突破したほか、昨年新宿で開催されたゴジラ・フェス2017には2万人が来場するなど、今なお根強い人気を誇るビッグコンテンツだ。

本機は大当たり確率約1/289のST機、確変突入率は65%でST回数は104回。初当たり後は、通常・高確率に関わらず電サポ100回の「STゴジラBOOST」に突入する。高確率中の大当たり確率は約1/66で、ST中の引戻し率は約79%。大当たりの52%で16R・1792個の出玉が獲得できる。


パチンコオリジナルの深紅のゴジラが襲来する「ゴジラアルティメットモード」を搭載。怒れば怒るほど勝利に近づく演出で、敵怪獣との手に汗握るバトルは見ものだ。ほかにも「超進化保留」「シアターストック」「特撮リーチ」「インパクトカットイン」「G・G・F(ギガゴジラフェイス)落下」の怪獣王5大演出がユーザーを興奮させる。導入は11月中旬からを予定している。



パチスロ『らんま1/2』は、高橋留美子原作のラブコメ漫画とタイアップした純増約1.7枚のART機。20Gの擬似BONUS「乱馬(らんま)BONUS」とART「乱馬(らんま)フェスティバル」のループで出玉を増やしていくのが基本的なゲーム性。


通常時、BONUS中、ART中とすべての場面でカギを握るのが変身リプレイ(リプレイ・リプレイ・ベル)。変身リプレイ成立後に乱馬(男)がらんま(女)に変身すればチャンスになる。BONUS中ならばART-CZ「無差別格闘チャレンジ」獲得の、ART中ならばARTが終わらない「らんまフェスティバル」昇格のチャンスとなる。大量獲得のトリガー役となるART-CZ獲得の特化ゾーン「熊猫的衝撃」「神拳チャンス」「ハッピータイム」も搭載している。導入は11月上旬を予定。


TM&©TOHO CO.,LTD.
テーマ曲
I`ma "G" AK-69 Licensed byユニバーサルミュージック
One More Time AK-69 Licensed byユニバーサルミュージック


【CR真・怪獣王ゴジラ】
ミドルタイプ
大当たり確率:1/289.98→1/66.60
確変突入率:
特図1 65%(ST104回)
特図2 82%(ST104回)
電サポ回数:100回
賞球数:4&1&3&14
ラウンド:16Ror11Ror4R・8C


©高橋留美子/小学館

【らんま1/2】
ARTタイプ(純増1.7枚/G)
ART初当たり確率:1/516.5(設定1)~1/512.9(設定6)
出玉率:現在調査中


関連記事