ニュース

ニュース内を

2018年10月03日
No.10000837

マースグループホールディングス
マースが持株会社体制に移行
新体制スタート

東京・新宿の本社ビル

マースエンジニアリングは10月1日、持株会社体制に移行し、商号を株式会社マースグループホールディングスとして新たなスタートを切った。同日新たに新設会社として設立した株式会社マースエンジニアリングが従来のアミューズメント関連事業を承継する。

その他、自動認識システム関連、ホテル関連、データセンター・ネットワーク関連、金銭機器関連、ファイナンス関連、不動産関連などのグループ9社が持株会社の傘下に入る。


1974年9月に創業したマースエンジニアリングは、開発型企業として独創的な発想と技術で業務の省力化をサポートする製品をホールに提供してきた。今後はこれまで蓄積した技術やノウハウを活かして、自動認識システム関連やホテル関連事業でも業容拡大を目指していくという。

新経営体制は下記の通り。

株式会社マースグループホールディングス(商号変更)
代表取締役社長 松波明宏
取締役     村上 浩
取締役     秋山裕和
取締役     佐藤敏昭
取締役     春山安成
取締役(社外) 中村勝典
常勤監査役   名取満郎
監査役(社外) 小林郁夫
監査役(社外) 安原正義

<URL>
www.mars-ghd.co.jp

株式会社マースエンジニアリング(新設)
代表取締役社長 松波明宏
取締役     秋山裕和
取締役     佐藤敏昭
監査役     名取満郎
<執行役員>
常務執行役員 技術開発部長 井出平三郎
執行役員 広域営業推進室長 秋山 学
執行役員 営業企画部長 中野尾維也
執行役員 技術開発部東京技術センター長 小沼竜己
執行役員 総務部長 高橋丈治


関連記事