新製品情報

新製品情報内を

2018年11月14日
No.10000902

トレードワークス
加熱式たばこデバイス取扱いホール募集中
『iBuddy iS/Se』

改正健康増進法や東京都の受動喫煙防止条例の施行を2020年に控え、ホールは原則全面禁煙への早急な対策が求められている。パチンコ・パチスロファンのたばこ離れが進む中、いま注目を集めているのが、IQOSと互換性のある加熱式たばこデバイスだ。

トレードワークスは、このほど加熱式たばこデバイス『iBuddy』の新製品『iS』と『Se』の販売を開始した。連続喫煙ができ、1本吸うたびに面倒な充電をする必要がない点が大きな特徴だ。

また、独自形状の加熱ピンを採用、さらに高品質なICチップを搭載、自動温度管理を行うため、たばこスティックを安定した品質で味わうことができる。

『iS』の最大喫煙時間は1本当たり5分、パフ回数は16回。1回の満充電で約22本まで喫煙可能。

『iBuddy iS』。パッケージも高級感があり、ホールの高額景品にも最適だ。希望小売価格8,900円(税別)

『iS』のカラーはレッド、ブラック、ホワイト、ネイビー

使い捨てライターとほぼ同サイズの『Se』は43.5gと軽量だが連続喫煙もでき、ヘビーユーザーのサブ機としてもおすすめだ。

『Se』もお知らせ振動機能付き。希望小売価格4,980円

『Se』はブラック、ホワイト、レッドの3色


景品用としてもニーズが高い高額景品のため、ホールの売上げにも大きく貢献する。また、法改正や条例制定を機に、社員に紙巻たばこから加熱式たばこや電子タバコへの切り替えを推奨するホール企業のまとめ買いにもお勧めだ。

景品としての取扱いや一括購入に関する問い合わせは、直接トレードワークスへ。


問い合わせ
㈱トレードワークス
TEL.03-5468-7271
www.tradeworks.co.jp





関連記事