ニュース

ニュース内を

2018年11月19日
No.10000906

オッケー.
新規則機市場を拓くゲーム性
『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』に期待高まる

開店と同時に17台すべてが満席になった『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』のコーナー

オッケー.は11月9日、愛知県内のサンシャインKYORAKU5店舗で、新機種『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』のフィールドテストを開始した。話題は、新規則機で初めて大当たり確率が1/319であること。そして、旧規則機に勝るとも劣らない小当たりRUSHの瞬発力だ。一般導入は19日から始まった。

サンシャインKYORAKU栄(名古屋市中区)では、4円貸しコーナーに17台、1・25円貸しコーナーに3台、『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』を導入した。「午前8時に整理券を配布、9時オープン15分前の再整列時には長い列ができました」(中村稔店長)。

ファン向け情報誌で予習をしてきたという20代の男性は、「新規則機の小当たりRUSHのパワーを実感してみたくて並んだ」と話す。

「幅広い年代層に知名度のあるコンテンツという点にも注目しています」(中村店長)

入場が始まり『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』のコーナーに向かうファン

『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』は、大当たり確率約1/319・7、確変突入率60%・継続率60%というスペック。確変中は最大出玉(払出し個数)である約1500個を獲得すれば、必ず小当たりRUSH『超蒼剣RUSH』に突入する。

その期待値も約1500個で合計約3000個。旧規則機における大当たり1回の払出し個数の上限である2400個を凌駕する。RUSH性能は約24個/Gと、まさに「どこまで出玉が増えるのかわからない」というシームレスな期待感をプレイヤーに抱かせてくれる。

「スペックやゲームフローに夢がある機種だと思います」と中村店長は期待を込める。もちろん、新規則機は「旧規則機よりも低投資で長く楽しめる」というのがコンセプトなので『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』も旧規則機より射幸性が高いわけではない。しかし、小当たりRUSHのゲーム性を上手に生かした「出玉感の演出」にかけては、非常に秀でた機種と言える。

「メインターゲットは、比較的若い人ですが、ゲーム性の面白さやコンテンツの知名度からも、年配層も含め幅広いお客様に打っていただける機種。自店でも主軸機のひとつとして育成したいと考えています」

低玉貸しコーナーで遊技する女性客

「新規則機は、出玉が旧規則機の約3分の2になってしまいファン離れを助長する」とネガティブに捉える業界関係者は多い。しかし、最大出玉が2400個の機種と1500個の機種は設計思想がそもそも違う。この違いをユーザーがどう受け止めるかは、今後市場に続々と登場する新規則機次第だが、『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』の仕上がりを見る限り、「ファン離れ」は懸念に過ぎないように感じる。

現在多くのユーザーが望んでいるのは「ハイリスク・ハイリターン」ではなく、「適度なリスクに応じた適度なリターンと、ほど良い夢も追えること」だ。『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』は、そんなユーザーの望みを叶えてくれるポテンシャルが十分にありそうだ。

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©OK!!


関連記事