ニュース

ニュース内を

2019年01月18日
No.10000984

サミー
6号機でサバンナチャンス降臨
『パチスロ猛獣王 王者の咆哮』内覧会

サミーは1月17日、東京支店ショールームで同社6号機第3弾となる『パチスロ猛獣王 王者の咆哮』の内覧会を開催した。

4号機の『パチスロ猛獣王』を進化させた同機は、純増約6.0枚/GのAT「サバンナチャンス」を搭載。突入時に選択されるダチョウ、ゴリラ、ライオン、ゾウごとにゲーム性が異なり、それぞれの順で獲得枚数の期待度が高まる。

例えばゴリラのサバンナチャンス(ゴリサバ)は、1セット20Gのストックタイプ。ライオンのライサバならば、毎G転落抽選タイプだ。ダチョウ、ゴリラ、ライオンで100G継続を達成すると、10Gのエンディングが発生。突入時点で100G+αのゾウサバならば、エンディング到達が濃厚だ。

ライサバは最大100Gまで毎G転落抽選を行う

AT中は液晶画面に表示されるナビの色に従い、白7、緑7、赤7のいずれかを左リールに色目押し。目押しスピードと回数に応じて、「最速王」などの称号を獲得できる。出現する称号には秘密があるほか、マイスロを使って全国ランキングに挑戦できる。

AT終了後は、引き戻し限定の特殊モードに突入(※)。「猛獣王MODE」または上位の「猛獣王RED」からAT復帰を目指す。引き戻し期待度は最大約80%だ(有利区間の残りG数に応じて非経由のときもある)。ホール導入は4月上旬からの予定。


新たなリングに立つ矢吹

会場には『ぱちんこCRあしたのジョー』も設置した。大当たり確率約1/319.7、確変割合65%の確変ループタイプで、ヘソ、電チューともに16R確変大当たり消化後は、小当たりRUSHの「限界突破RUSH(GTR)」に突入する。

16R確変大当たりだけで約2160個の払い出しがある上、その後に突入するGTRでは約1/1.02の小当たり確率で「ノーガードアタッカー」が開放。バトルで勝敗が決するまで継続する。打ち込み玉を2ルートから飲み込む「ノーガードアタッカー」はまさに爽快だ。

バトル勝利時は50%の割合で16R確変&GTRがループ。敗北時には100回の時短が付く。“炎JOE”必至のNG(ノーガード)スペックを搭載した同機のホール導入は3月上旬からの予定。

爽快な消化を実現するノーガードアタッカー



【パチスロ猛獣王 王者の咆哮】
ⓒSammy


■サバンナチャンス(AT)初当たり確率:1/356.0(設定1)~1/231.3(設定6)


【ぱちんこCRあしたのジョー】
ⓒ高森朝雄・ちばてつや/講談社 ⓒ高森朝雄・ちばてつや/TMS ⓒ高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS ⓒSammy


■大当たり確率:約1/319.7 → 約1/50.4
■確変割合:65%
■時短回数:100回
■賞球数:1 & 4 & 15・9カウント
■小当たり確率:約1/1.02(特図2に限る)


関連記事