ニュース

ニュース内を

2019年04月10日
No.10001126

ASIA GAMING BRIEF
ASEANゲーミングサミット
フィリピン・マニラで開催

ASIA GAMING BRIEF(AGB)が主催するアジア地域のゲーミング業界のカンファレンス「ASEANゲーミングサミット 2019」が3月19日から3日間、フィリピン・マニラのコンラッドマニラで開催された。アジア地域からランドベースおよびオンラインのゲーミング業界の300以上の事業者、サプライヤー、規制当局など約400人が参加した。

基調講演にはジェイ・ウォーカー氏(ウォーカー・デジタル会長)、のアール・ホール(AXESネットワークCEO)、ガス・タンブンティン氏(Committee on Games and Amusements会長)、アルフレド・リム氏(カジノ運営公社PAGCORプレジデント兼COO)らが登壇。デジタル時代のゲーミング、カジノ業界のブロックチェーン技術の潜在的な用途、先端のテーブルゲームシステムによる顧客満足と面白さの向上の可能性などについて知見が共有された。

AGBはゲーミング市場に関しての最新動向を世界中のエグゼクティブに提供するインテリジェンスサービス企業。

初日の午後に行われた「SLOT EVOLUTION」をテーマにしたパネルディスカッション。
BAY CITY VENTURESの國領ジョージ氏をはじめ、SANDY AMIDA氏(リゾートワールドマニラ)、
JERRY CHAN氏(OKADA)、MICHAEL CHEERS氏(IGT ASIA)、
LLOYD ROBSON氏(ARISTOCRAT)らが登壇


関連記事