ニュース

ニュース内を

2019年04月17日
No.10001136

ダイナム・KYORAKU
『ごらく』シリーズの冬ソナが誕生
『GORAKU presents ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet GORAKU Version 』発表試打会

©Pan Entertainment.

ダイナムは4月14日、東京・秋葉原でKYORAKUと初めて共同開発したPB機『ぱちんこ 冬のソナタ Remember Sweet GORAKU Version』の発表試打会を開催。

PB機としては67機種目、『ごらく』シリーズとしては9タイトル目の新機種をお披露目した。

ダイナム情報管理部の島田健次郎部長は「最終的な目標は受注生産体制の構築。これによりメーカー様は余計なコストをかけずに商品が作れるようになり、ホールはこれまでよりも安価で遊技機を買うことができる。今回は遊技機の購入ロットを増やすためにニラク様との共同購買をとった。今後もPB機の存在を認知していくために、メーカー様との協力体制を密にしていく」とPB機の意義と将来のビジョンを語った。

ダイナム情報管理部の島田健次郎部長

試打会にはNON STYLEの井上裕介さん、パチンコ必勝本CLIMAXのヒラヤマンさん、ユウキロックさんをゲストに迎え、KYORAKUのHPから参加者を募集して抽選で選ばれたファン30人が参加した。

NON STYLE井上裕介さん(左)パチンコ必勝本CLIMAXヒラヤマンさん(中)ユウキロックさん

「ヨン様にたくさん会える」をコンセプトにした本機には、冬ソナシリーズ初搭載の演出や『ごらく』シリーズだけに登場するキャラクター「ごら吉」を搭載。注目の演出が発生するたびに会場は盛り上がった。

ヨン様のレコーディング映像はシリーズ初搭載

試打を終えたファンは「演出がとてもキレイでうっとりしてしまった」、「ごら吉も見られて、とても楽しかった。ホールでも打ちたい」など早くもホール導入を心待ちにする声が聞かれた。


関連記事