ニュース

ニュース内を

2019年06月17日
No.10001239

立教大学・マカオ大学
IR事業者トップが登壇 シンポジウム開催[6月28日更新]
ビジネスモデルとしての日本型IR

立教大学(東京)とマカオ大学は7月6日(土)に国際シンポジウム「ビジネスモデルとしての日本型IR ~IRを起点とした地域活性化への課題~」を開催する。

統合型リゾート(IR)導入によって、地域活性化に象徴される経済効果がどのようにもたらされるかが国際的な注目を集めていることを背景に、日本型IRにおけるビジネスモデルについて、学術的側面を中心に議論する場を提供する。マカオ大学の教授陣(統合型リゾート管理学、経済学、公共政策)をはじめ、アジア地域を代表するIRオペレーターであるメルコリゾーツ・エンタテインメント・リミテッド、ギャラクシー・エンターテインメントのほか、IRに関連した識者が登壇する。

本シンポジウムは、7月5日~7日に開講する、ビジネスマン向け短期IR管理職講座「グローバルリーダーシップ育成プログラム/GLDP」(立教大学とマカオ大学の共催)の一部を公開シンポジウムとして開催するもの。6日・14時からホテルメトロポリタンで開催。

[立教大学リリース]
■シンポジウム詳細は下記を参照。
https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/07/mknpps000000v1hi.html
問合せ先 株式会社旅工房 受付事務局 Email mice.ir@tabikobo.com

■グローバルリーダーシップ育成プログラム/GLDP詳細は下記を参照。
https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/07/mknpps000000v1en-att/program.pdf


関連記事