ニュース

ニュース内を

2019年06月21日
No.10001247

KYORAKU
新時代の必殺シリーズ誕生
『ぱちんこ 新・必殺仕置人』プレス発表会

営業本部の竹脇一騎副本部長(左)と篠崎愛さん

KYORAKUは6月20日、東京支店で『ぱちんこ 新・必殺仕置人』のプレス発表会を開催。会場には大人気コンテンツの新機種を一目見ようと、多くのプレス関係者が集まった。

国民的人気を誇り、今なお愛され続けている時代劇「必殺シリーズ」から“仕置人”がパチンコに登場。「全てを最高に」をコンセプトに開発された本機種は、スピード感、継続率、出玉感を兼ね備えた一台に仕上がった。

冒頭で挨拶に立った営業本部の竹脇一騎副本部長は「KYORAKUのフラッグシップマシーンである必殺シリーズに、最高のスペックを搭載した。本機種は新規則機の魅力を十分に発揮し、ファンの皆様に満足していただける仕上がりになったと自負している」と自信を見せた。

スペックは大当たり確率約1/319.9のV確ST機。初当たり時の50%で突入する、130回の“秒殺 V-ST”「真・仕置CRASH」は継続率約85%を誇る。リーチや先読みのない変動は、最短変動である1秒変動という超スピード消化を実現した。さらに、電サポ中の大当たりは60%の振り分けで、約1500個を払い出す「HYPER仕置BONUS」に当選。「必殺シリーズ」の名に相応しい「真・仕置スペック」が完成した。

多くのプレス関係者が“秒殺 V-ST”「真・仕置CRASH」を体感した

発表会には頼み人(おしの役)や楽曲で本機種に登場する、タレントの篠崎愛さんをゲストに迎えた。篠崎さんは収録されている楽曲「夜空の慕情」と「あかね雲」を披露。トークでは「撮影時に苦労したこと」について聞かれ、「着物姿で正座して頼むシーンはすごい辛かった。撮り直しもあって大変でした」と笑顔で話した。

生歌を披露する篠崎愛さん

ホール導入は7月22日からを予定している。

©松竹・ABCテレビ  ©KYORAKU

【ぱちんこ 新・必殺仕置人】

▼大当たり確率:約1/319.9→約1/69.8
▼ST突入率:50%(時短引き戻し込み:約63.4%)
▼ST回数:130回
▼時短回数:100回
▼ラウンド数:3Ror10R 10カウント
▼賞球数:4&1&2&4&15
▼出玉数:450個or1500個


関連記事