ニュース

ニュース内を

2019年11月08日
No.10001443

ギャラクシー 第3四半期売上高 前年同期比2%減

 ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)の 第3四半期のグループの純売上高は前年同期比2%減の127億香港ドル。VIP部門は低迷したがマス部門は堅調。ノンゲーミング部門は過去最高に迫る売上を達成した。第3四半期のグループの調整後EBITDAは前年同期比6%増の41億香港ドルだった。
 ルイ・チェ・ウー会長は、「進行中の貿易摩擦、世界経済の低迷、地域競争、通貨変動、香港の混乱など、さまざまな向かい風に直面したにも関わらず、前年同期比わずか2%減の127億香港ドルだった。当社のバランスシートは引き続き健全で、バランスシートと事業運営が生み出すキャッシュフローが健全であるため、配当による株主への資本の還元に加えて開発パイプラインへの資金投入と国際的な事業展開計画の推進を可能にしている」とコメント。
 GEGは15億香港ドルを投じて、ギャラクシー・マカオおよびスターワールド・マカオの施設拡張計画を進めているほか、横琴島でのライフスタイルリゾート開発計画、日本市場参入の準備も進めている。


関連記事