ニュース

ニュース内を

2020年01月07日
No.10001524

ワンデーポート
サンタランで地域貢献
ニラクからも参加

勢ぞろいした総勢13人のサンタクロース

ギャンブルに問題がある人の支援施設であるNPO法人ワンデーポート(横浜市瀬谷区)は12月24日と25日の2日間、利用者とスタッフがサンタクロースの装いで施設周辺をランニングし子どもたちにお菓子を配る地域貢献活動「サンタラン」を実施した。毎年、クリスマスの時期に行っており今回が7回目。2日目の25日にはホール経営企業のニラク(福島県郡山市)からも3人が参加。ギターの伴奏とお菓子の配布で協力した。

左からニラクの佐久間仁さん、戸田有希乃さん、武田裕明さん

この日は相鉄線の瀬谷駅から大和駅周辺をランニング。子どもたちにお菓子を配布しながら、グループホームワーク友愛、わくわくの里、グループホームこころ、の3施設を訪問してお年寄りや子どもたちと触れ合った。

施設周辺の横断歩道

相鉄線の瀬谷駅前

大和駅周辺

子どもたちにクリスマスソングを披露

今年初めて参加したニラクの戸田有希乃さんは「たくさんの人たちが、『サンタの大群が走ってきた!』と驚きつつも、笑顔で手を振ってくださったのが嬉しかった。人の温かさを感じた一日でした。また来年も一緒に走りたいと思います」と充実した様子だった。


関連記事