ニュース

ニュース内を

2020年02月18日
No.10001577

ダイナム
仕置人がごらくで登場
『ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version』プレス発表会

左からしおねえさん、藤本社長、ガンバレルーヤのよしこさんとまひるさん

ダイナムは2月17日、東京・秋葉原でKYORAKUと共同開発をした『ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version』のプレス発表会を開催。ごらくシリーズでは15タイトル目となる。

藤本達司社長は冒頭の挨拶で「PB機開発は今年で15年目。PBで流通革命が起きたと言われている小売業のように、PB機の開発は業界の成長、発展にとって大きな意味を持つ。ごらくシリーズを通してパチンコ・パチスロを日常の娯楽へ改革していくという思いの下、今後もお客様に支持されるPB機の開発・提供をしていく」と話した。

今年1月末現在、ダイナムグループに設置されているPB機は約1万1800台。「来年3月末には約2万台の設置を目標にしている」と今後の展望も述べた。

挨拶する藤本社長

発表会ではパチンコ必勝本所属のしおねえさんと吉本興業所属のガンバレル―ヤが登場。トークセッションなどで会場を盛り上げた。

本機は大当たり確率約1/99.9、6段階設定付きのV確STタイプだ。通常時の七図柄以外の大当たりで突入する40回の時短「出陣チャンス」中に再び大当たりを引ければ、100回のST「真仕置CRASH TURBO」に突入。時短突破型の超高継続タイプで、そのST継続率は設定1でも約90.2%を誇る。通常時の七図柄大当たりならば「真仕置CRASH TURBO」直行が濃厚だ。

多くのプレス関係者が集まった

筐体や盤面、客待ちデモムービーがごらく仕様になり、ごらくシリーズでしか見られないプレミアムキャラクター「ごら吉」も搭載した。

本機は3月2日からダイナムグループ全店に導入を予定している。

©松竹・ABC テレビ

【ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version】

▼大当たり確率:約1/99.9(設定1)~約1/92.9(設定6)
       →約1/43.5(設定1)~約1/40.5(設定6)
▼ST回数:100回
▼ST突入率:約33.8%(設定1)~約35.8%(設定6)
▼ST継続率:約90.2%(設定1)~約91.8%(設定6)
▼時短回数:40回
▼ラウンド数:3Ror6R 8カウント
▼賞球数:3&1&2&4&11


関連記事