ニュース

ニュース内を

2020年06月01日
No.10001759

安田屋
安田屋が食品等約1万2000点を寄贈

左から同社の山下信浩社長、フードバンクいたばしの藤村代表、板橋区社会福祉協議会の七島常務理事

「YASUDA」の屋号で関東を中心にホール27店舗を運営する安田屋(東京都板橋区)は5月25日、PB賞品(菓子)とその他食品合計約1万2000点を板橋区内の保育園ほか、社会福祉協議会やフードバンクを通じて社会福祉施設等に寄贈した。

緊急事態宣言に伴う営業自粛要請を受け4月8日から全店舗を休業(現在は全店舗で営業を再開)。休業により在庫となった賞品の寄贈を決めた。

同社は「社会貢献並びにフードロス削減の観点から、今回の寄贈を実施した。今後も地域社会への貢献活動を実施・継続していく」としている。


関連記事