ニュース

ニュース内を

2020年06月12日
No.10001778

三重県遊協
三重県遊協 県警に交通事故防止グッズ1000個寄贈

目録を手渡す権田理事長(右)と伊藤交通部長

三重県遊技業協同組合は6月10日、県警本部に交通事故を防止する自発光式交通安全反射バンド1000個を寄贈。贈呈式が県警本部の2階会議室で行われ、同組合の権田清理事長から県警本部交通部の伊藤達彦交通部長に目録が手渡された。

三重県では新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響で、今年度の交通事故発生総数は減少しているものの、交通死亡事故のみが急増。このような状況の中、同組合は交通死亡事故抑止対策の一助として寄贈を決めた。

権田理事長は挨拶で「各種の交通事故抑止対策を展開中の交通警察官への敬意と感謝を示し、贈呈の趣旨を説明するとともに今後の交通死亡事故の減少や県民及び警察官の安全について祈念している」と話した。

また、同組合が4月に実施した春の全国交通安全運動期間中には、県内の各店舗宛に交通安全スポット放送実施についての依頼文を発出するなど交通安全に関する支援活動を実施している。


関連記事