ニュース

ニュース内を

2020年11月05日
No.10001992

Daiichi直営店で先行稼働
ストレスない出玉を体感
『Pパイレーツオブダイナマイトキング』

短時間でもみるみる出玉の山が築かれた

Daiichiの直営店『大一畑江通店』(名古屋市中村区)が11月2日、自社の最新機種『Pパイレーツオブダイナマイトキング』を全国に先駆けて10台導入した。導入後、初の祝日を迎えた3日には、午前中から立ち見ができるほどの満席稼働。遊技客から高い注目を集めていた。

同機はクルーン役物内に入った玉が、回転する6穴のうち中央の赤穴に入賞すればスタートする低始動機。大当たり確率約1/59.8の一種二種混合機で、最高状態の「真・天国モード」(時短1回+残保留最大3個)には初当たりの38.7%で突入する。継続率は約92%(3当たりを含む)。優れた瞬発力を秘めている。

導入したことを知って来店したという40代男性は2時間に満たない遊技で、およそ1700個の出玉が入るドル箱を9箱交換。「右打ちで保留が続く限り大当たりするというのは安心感がある」と笑顔を見せてくれた。

「真・天国モード」は実質大当たり確率が1/1.0。約束された4回の大当たりのうち、振り分け31.4%の7当たりに当選すると「ソニックVチャージ」が発動して、時短1回と残保留最大3個をチャージする。

先行導入を島装飾でも演出

10箱以上を交換した30代の男性は、スタートについて次のように話す。
「思っていた以上に始動した。ハズレ穴に入った玉がタイミングによっては一定時間留まってくれるので、この間は赤穴入賞率がアップする。ストレスを感じなかった」

田﨑一郎店長は「本機のモードTYは6600個。朝からでなくても短時間で勝負できる魅力をお客様に伝え、稼働につなげたいです」と話す。同機の全国導入は12月7日からを予定している。

田﨑店長


【Pパイレーツオブダイナマイトキング】
▼大当たり確率:約1/59.8
▼右打ち実質大当たり確率1/1.00
▼真・天国モード突入率:約38.7%
▼継続率:約92%(3当り込み)
▼時短回数:0回 or 1回(+残保留最大3個)
▼賞球数:3&1&6&14
▼払い出し出玉:140個 or 182個 or 840個 or 1400個


関連記事